新型コロナウイルス罹患と母乳研究

新型コロナウイルスに罹られてお母さま自身もご心配のことと思います。そのような状況で、母乳を赤ちゃんに与えてよいものかお悩みの方も少なくありません。これまで、コロナウイルスは母乳に移行しないため、母乳をあげることで赤ちゃんが感染することはないと考えられていましたが、新型コロナウイルスは新しいウイルスのため、実際にデータを集めたうえで判断すべきと考えております。本研究は昭和大学医学部小児科学講座の研究であり、研究に要する資金は講座研究費から支払われます。

【研究の参加基準】同意取得時の年齢が20歳以上であること・状態が落ち着いたら母乳育児を希望していること。なお、本研究は、合計200人の母親にご協力いただき実施を予定しております。

現状報告:9月10日現在、5症例8検体が届いております。

調査の内容】 保存した母乳は担当医師から昭和大学小児科学講座に郵送してもらいます。新型コロナウイルスに感染した女性の母乳に新型コロナウイルスがいるのか、また、新型コロナウイルスに対する免疫が母乳にでているか明らかになります。ただし、サンプルが集まってから、検査を行うことになります。そのため、今後、妊娠・出産される女性が、新型コロナウイルスに感染した際に母乳を与えてよいかどうか意思決定するうえで重要な研究になりますが、研究に参加していただくお母さまに役立つものではありません。

医療者の方へ

現在COVID-19患者は増加し、COVID-19女性が出産する事例も散見されています。SARS-CoV-2が母乳に移行し、児に感染させるという報告はこれまでのところはありません。また、SARS-CoV-2と同類のウイルスであるSARS-CoVやMERS-CoVが母乳を介して児に感染することはないと考えられています。

現状では、アメリカ疾病予防局ならびに世界保健機関ともに、COVID-19患者であっても母乳育児を推奨しています。ただ、国内ではCOVID-19患者は母乳をやめるよういわれる施設もあり、母乳とSARS-CoV-2に関するデータ蓄積が必須と考えています。そこで、UCSD(University of California, San Diego)のChambers教授の研究グループならびにBode教授の研究グループとともにSARS-CoV-2陽性女性の母乳を集めてPCR検査、SARS-CoV-2抗体検査、そしてサイトカイン測定を行います。このSARS-CoV-2は今後も変動はあるが私たちの生活にかかわっていくウイルスと考えられ、今後、妊娠出産する女性に根拠のあるデータを提供するためにも重要な研究と考えています。

COVID19-パンフレット

お母さまへ:搾乳について

出産の前後で新型コロナウイルスに感染しているとわかったら、赤ちゃんに母乳をあげてもよいのか不安になりますね。赤ちゃんにうつる心配がなくなるまでは粉ミルクをあげるよう勧められる場合もあります。 時間がたって心配がなくなったら母乳をあげたいと思われているとしたら、赤ちゃんにあげなくても母乳を搾っておく必要があります

母乳の中に新型コロナウイルスがいるのか、ウイルスから守ってくれる免疫(抗体)が母乳にでてくるのかを知るためにお母さまの母乳を使わせていただきます。ですので、搾乳するときに手指や咳から母乳にウイルスが入ってしまうと、正しい結果を得ることができませんので、以下のことをお願いします。

搾乳用に搾乳器・アルコール綿を提供しますのでお使いください(搾乳器は差し上げますので返却不要です)

******

検体をとるための搾乳はシャワーの後にお願いします。

  • 石鹸と流水で手洗い
  • サージカルマスクを適切につける
  • 擦式アルコールで手指消毒
  • 搾乳器を置く台をアルコール綿でふきます
  • 擦式アルコールで手指消毒
  • 搾乳物品を用意します
  • 搾乳をします。
  • 終了後、擦式アルコールで手指消毒をして、母乳をフリーザー母乳パックに移します。
  • 母乳パック表面をアルコール綿で拭き、ビニール袋にいれ医療者に渡してください。

ご質問は⇒まで hkuwabara@med.showa-u.ac.jp または katsuorobi@med.showa-u.ac.jp

また、授乳中にコロナウイルスに感染し、レムデシビルやファビピラビルなどの治療を受けた場合、母乳はあげても大丈夫なのかも心配になりますね。あわせて以下の研究も行っております。ご協力をお願いいたします。

レムでシビル

母乳バンクのドナー登録を検討いただいているお母さま方へお願い

日本母乳バンク協会のドナー登録を検討いただきありがとうございます。お母さまの大切な母乳を小さな赤ちゃんのために使わせていただきます。

登録に際して、重要なお願いがございます
ビタミンDは”骨を作るビタミン”と考えられてきましたが、それ以外にもアレルギー疾患、感染症などを予防する作用があることがわかってきました。とても大切なビタミンなのですが、日本のお母さま方の多くはビタミンDが不足していることがわかってきました。

妊娠中のお母さま方は外出する機会が少なかったり、日焼け対策をしっかりとされたりするため、皮膚で作られるビタミンDが少ないことが原因と考えられます。

この研究に参加いただいた場合は、ドナー登録時に行う血液検査(感染症スクリーニング検査)の際に、血液中ビタミンD濃度もあわせて測定します(結果はご連絡します)。

ドナー登録が終了した後に、森下仁丹㈱の赤ちゃん用のビタミンDサプリメントであるビタミンDシロップ(BabyD200)をご自宅に郵送します。届いたら1日12滴を3か月間飲んでいただきます。
検査項目:

A) BabyD200を飲み始める前の母乳のビタミンD濃度

B)  3か月間BabyD200を飲んだ後の母乳のビタミンD濃度

を測定します。

これにより、
1)ドナー登録時点のお母さまのビタミンD状態は適切か
2)お母さまがビタミンDを補充することで、母乳のビタミンD濃度はどのくらい増えるのか
3)それによって、母乳から赤ちゃんに十分なビタミンDをあげられるか

がわかります。
また、ビタミンDを飲む前後で赤ちゃんに対する感じ方や気持ちの変化があるかを見たいと思います。お母さま方の育児不安は大切な問題です。ビタミンDを飲むことで多少でも楽しく子育てできたらいいなと思っています。
なお、今回飲んでいただくビタミンDの量は厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2020年版)」から安全な量となっておりますのでご安心ください。

森下仁丹㈱の赤ちゃん用のビタミンDサプリメントであるビタミンDシロップ(BabyD200)(医療機関専売品) 赤ちゃんに与えるときは1日1滴(200単位)

アメリカ小児科学会:すべての乳児に1日400単位のビタミンDを摂取するよう推奨しています(人工乳で育てられている乳児も1日の摂取量が1リットルに達するまではビタミンD補給をするよういっています)Misra M et al. Vitamin D deficiency in children and its management: review of current knowledge and recommendations. Pediatrics 2008;122:398-417